2017年4月21日金曜日

お教室はじめますよ~

ご無沙汰しておりました。
冬の感染症オンパレード、長女の幼稚園卒園&小学校入学その他もろもろの用事で忙殺されていましたよ・・・

やっと復帰です!

割型のお教室を始めます♪♪♪
追って 
初心者向け初めてのチップ作り講座、
初めてのフェルト帽子型入れ講座、
初めての草帽体型入れ講座
ボールチップ(ブリム型)講座、
等順次開講していきたいと思っています(^O^)

今年度は長女小学一年生 次女2歳児で、
長女は学童に入ることが出来、
次女も市の認定保育園(認可園ではないところがポイント・・・)に通っているので
仕事に集中できるのですが
来年度になると次女の保育園が2歳児までしか受け入れない小規模保育事業所になる為
幼稚園に通うことになるかもしれず、
そうするとかなり時間に制約が出来てしまい
そうなった場合は不定期開催になると思います。

ですので、お帽子を作ってみたいと思っていた方!今がチャンスです!
来年はどうなるかわかりませんので・・・。。

もっとも、今年は今年で PTAの役員になってしまい
また次女もまだ小さいので急な休講などもあるかもしれませんが
本当に申し訳ないのですがご理解いただけると助かります。

規模は小さいので 振替、変更など
生徒さんの希望にも臨機応変に対応できるかと思います。

帽子のお教室、都内にもいくつかありますね。
私も通いたいと思うことがあるのですが
入学金や1年通しでのカリキュラム&学費を考えると敷居が高くて
なかなか通えません。

もっと気軽に帽子を学べるお教室があったらな~と思い、
もっと多くの人に作ってみて欲しいな~とも思い、
単科制のお教室を開くことにしました。

それぞれ 1回3時間程度で、数回かかります。
1回 2回では終わらないので
ワークショップでなくお教室としました。

ワークショップ→1回で終わる体験教室
お教室→習い事、何度も続く
っていうイメージありませんか?

と思って調べてみたところ

ブリタニカ国際大百科事典では『美術,演劇,映画などさまざまな芸術の分野で,具体的な技術を学ぶ集りやセミナーをいう。通常は,その技術を習得した芸術家が若手の指導にあたるが,1回の場合もあれば,連続して行われることもある。』
だそうで、何回かあってもいいみたい。
 
知恵蔵によれば英語では、仕事場、作業場、の意味。講師の話を参加者が一方的に聞くのではなく、参加者自身が討論に加わったり、体を使って体験したりするなど、参加体験型、双方向性のグループ学習』とのこと。

まだ発展の余地が十分ある割型なので、
参加者の皆さんにも良い案があったらどんどん出して頂いて
より良いものにしていきたいですね!

なので、”ワークショップ”で良いような気もするのですが
まあ始めは簡単なものを作ってみるところから始めますのでね。
お教室にしておきま~す

0 件のコメント:

コメントを投稿